産後の骨盤ってどうなっているの?~産後の骨盤矯正をしたほうがいい理由~

main2

こんにちは。パーソナルトレーナー、骨盤パパこと田中けいたです。

産後に何か自分の体のケアをしなきゃ!と思っているママは多いんじゃないでしょうか?

産後といえば骨盤に関する矯正が主なケアになるかと思います。ですが矯正を受ける、または自分でやっていく前に知っておいたほうがいいことがあるんです。

今回は、

  • 産後の骨盤ってどうなっているの?
  • なぜ産後の骨盤矯正をしたほうがいいのか?

の2つについてお伝えしていこうと思います。

骨盤基礎知識第一弾<骨盤ってなにしてるの?>はこちら

今回も、骨盤パパこと田中けいたがお届けします~

今回も、骨盤パパこと田中けいたがお届けします~

 

ある美容外科が産後に関して出産経験のある20~59歳のママ400名を対象にアンケート調査を行いました。

その結果出産後に体型が変化したと感じた方は90.0%。

「今まで履けていたジーンズやスカートがはけない・・・」

「ぽっこりしたお腹が戻らない・・・」

「産前の体型に戻りたい!」

出産という人生の大仕事を終えた産後ママの体はとても不安定な状態で体が悲鳴をあげています。

ぽっこりお腹は落ち込みますよね

ぽっこりお腹は落ち込みますよね

 

産後は体型が変化するなどの美に関するものだけでなく、肩こりや腰痛・尿漏れなどあらゆるトラブルを引き起こす可能性があります。

これから骨盤矯正をしようと考えているママに少しでも産後の骨盤の状態とぽっこりお腹・肩こり・腰痛との関係の事を知っていただけたらと思います

産後の骨盤ってどうなっているの?

産後の骨盤が広がるメカニズム

よく産後の骨盤の広がりや歪みなどが話題になりますが、なぜここまで産後の骨盤が話題になっているか?それは産後の骨盤は特別だからです。

産後の骨盤がなぜ特別かというと出産という大仕事を終えた骨盤は広がり、そして歪みやすくなっているからです。

産後 骨盤

骨盤です〜

妊娠後期頃から出産に備えてホルモンが分泌されます。そのホルモンは骨盤周りの靭帯をゆるめて赤ちゃんが出て来やすくします

赤ちゃんの頭の大きさは直径10センチほど(ソフトボールだと3号ぐらい)といわれています。そんな直径10センチの赤ちゃんの頭が出て来るためには骨盤が緩んでいないとダメですよね。

この緩んでいるということがよく産後の骨盤がグラグラという表現をされていたりします。赤ちゃんが出て来るために緩んでいるので緩んで当然と思ってくださいね。

産後6か月間のケアこそが大事

産後のお母さんには育児という重労働が待っています。

産後の骨盤は赤ちゃんを出産したことにより広がっていて、かつ靭帯などが緩んだままなので不安定です。この不安定な状態で抱っこ・オムツ替え・沐浴など無理な姿勢や負担のかかる動作を行うことで歪みを起こしやすくなっています

緩んだ靭帯が元に戻っていくのに約6ヶ月〜1年ほどかかる言われています。

この期間に歪みを調整し、広がった骨盤を締めていくことが重要になってきます。ただ6ヶ月経てば勝手に骨盤が産前の元の状態に戻るということではないのでご注意ください。

開いていた骨盤が、徐々にもとに戻っていく

開いていた骨盤が、徐々にもとに戻っていく

 

この6ヶ月の期間に何のケアをし、何に気をつけるのかが大事なんです。

産後の骨盤は『広がり&歪みやすい』ということをここでは覚えておいてください。

なぜ産後の骨盤矯正をしたほうがいいのか?

産後の骨盤がどうなっているのかを知っていただいたところで、次はなぜ産後の骨盤矯正したほうがいいのかをお伝えしていきます。

「骨盤を歪ませないためでしょ?」と思うかもしれませんが、実はそれだけじゃないんです。骨盤の歪みは、それだけにとどまらず、他の様々な不調につながっていくんです。

1 スタイルが悪くなる

「昔履いていたジーンズが入らない・・・」

「旦那に体型を指摘された・・・」

「体重が10キロ増えて戻らない・・・」

など多くの女性が産後に体型にコンプレックスを抱き悩んでいます。

何かやらないといけない・・・でも産後は育児でバタバタでケアなんでやってられない!

産後 骨盤 忙しい

抱っこ抱っこでそれどろではないですよね・・・

これが産後ママの本音だと思います。自分もそばで妻の育児をみていましたがバタバタで自分のケアをしている時間なんかなさそうでした。

産後最も体型の変化として気になると言われているのは「お腹」、ついで「お尻」と言われています。これは産後広がってしまった骨盤や傾いてしまった骨盤が原因であることが多いです

特に産後ママの気になるワードは「ぽっこりお腹」です。中年サラリーマンでもないのにお腹が・・・泣 と嘆いている産後ママは多いです。

産後 スタイル崩れ

お腹のお肉が落ちない〜

実はこのぽっこりお腹は産後の骨盤の歪みが原因で起きていることが多いです。

頑張って腹筋をたくさんしてもへっこまないお腹なのです。産後の骨盤矯正をすることでこれらの体型の変化は改善できます。

産後の骨盤矯正ははママの「美」にもつながるのです。産後さらに綺麗なママになれたら嬉しいですよね。

2 不安定な骨盤は体のトラブルになる

産後のママにとってスタイルが崩れるのも怖いですが、毎日を過ごすにあたって一番辛いのが肩こりや腰痛・尿漏れなどの体のトラブルではないでしょうか?

冒頭で産後の骨盤は、広がり&歪みやすく不安定だというお話をしました。この不安定な骨盤が腰痛・肩こり・尿漏れなどを引き起こします

体の土台である骨盤、その骨盤が不安定になることで他の筋肉や靭帯が余計に頑張ってしまいあちこちで痛みなどのトラブルがおきます。

つらい肩こりの原因にもなる

つらい肩こりの原因にもなる

筋力の低下も起きているので、骨盤を支えている骨盤底筋という筋肉が緩んでしまい、尿漏れや、内臓下垂などのトラブルも一緒に引き起こします。

この不安定な状態はよくないと言われている猫背反り腰などにもつながります。不安定な骨盤は体のトラブルの元ということです。

keita2

不安定な骨盤が、様々なトラブルにつながっていくんです

 

まとめ

産後自分の妻が言っていたのは、「育児がこんなに精神的にも体力的にも辛いと思っていなかった」ということです。

それだけ育児は重労働ということです。そして一人目となると自分のケアなんて二の次。まずは赤ちゃん!となってしまいますよね。

でも、今後の自分の美しさのため、そしてトラブル防止のために骨盤ケアがなぜ大事なのかを知っていただけたら嬉しいです。

今回のコラムをまとめますね。

  • 産後の骨盤は「広がる&歪みやすい
  • 骨盤の歪みは、スタイルを悪くし体のトラブルになる

育児は体力勝負ですよね。痛くて辛い育児ではなく楽しくて幸せな育児をできるよう骨盤矯正をしっかり行っていきましょう!

SNSでもご購読できます。