絵本の読み聞かせの方法|はじめ方から、もっと楽しむ方法まで

絵本の読み聞かせの方法を紹介します。はじめる時期は?絵本の選び方は?こどもが喜ぶコツとは?知ることで、もっと絵本と仲良くなるヒントをお伝えしていきますね。

【絵本ができるまで#2】浜崎絵梨さんに聴く―ママに知ってもらいたい、絵本の先に広がる世界

erimain

「お星さまにタッチして帰ってくるぐらい好き」

つい先日、息子からこんな言葉をプレゼントされて私はとても幸せな眠りにつきました。

それは、今回の主人公となる方から聞いた絵本遊びをしてみた時のことなんです。

その方とは、若手児童書翻訳家の浜崎絵梨さんです。

第二回目となる今回のインタビューを通して考えさせられたことが2つあります。

一つは、たくさんの良き絵本と出会うことで広がる世界と、育つ強い心

もう一つは、読み聞かせだけで終わらない、絵本を通した子どもとの素敵な過ごし方

絵本は、読んで終わりのものではない。子どもから大人まで、ママにとっても心の栄養であり続けるものなんだなぁ、とつくづく実感したお話でした。

続きを読む

親子で楽しむおすすめ絵本:3歳以上編

14218027_1780588998845562_564516334_n

絵本聞いているのかな・・・?と手応えの感じにくい赤ちゃん時代を経て、そろそろ「絵本を読んでいるなぁ」と実感できる時期に差し掛かってきました。

言葉を理解したりおしゃべりしたりする過程は1人1人違いますが、物語の展開がある絵本が楽しめたり、はっとするような大人っぽい表現を使ったりと、ふとしたきっかけで成長を感じるかもしれません。絵本のページを開いて「かわいいね」とか、「○○ちゃんも、たべたい」などと、自分の気持ちも伝えられるようになってきます。

こどもたちが楽しんで選ぶ絵本の変化を見ると、こどもの心が成長していることが一目で分かります。大人たちが覚えている「こどもの頃好きだった絵本」と再会できるのも、この頃かもしれません。3歳以上のこどもたちと楽しみたい本。私自身にとっても、大好きな本は沢山沢山あるのですが、ここでは定番絵本からご紹介します。

続きを読む

【絵本ができるまで#1】長野ヒデ子さんに聴く「ふしぎとうれしい」お母さんの絵本

main

皆さんは絵本を選ぼうとする時、どんな基準で、どんな思いで手に取っていますか?

子どもに教育的に効果がありそう?

子どもが楽しんでくれそう?

このコラムではこれから、作家さんや翻訳者の方など作り手の思いを掘り下げてお伝えすることで、絵本を通した育児に少しの潤いと、読み聞かせる大人への癒しになるようなきっかけ作りをしていけたらと思っています。

お母さんやお父さんがしぜんと読んであげたくなるような、思わず手に取りたくなるような、そんな絵本や絵本にまつわる情報をお届けしていきます。

第一回は、鎌倉ブックカーニバル本談会、絵本作家長野ヒデ子さんのお話をお届けします。 続きを読む

親子で楽しむおすすめ絵本:2歳編

DSC03135_650

2歳児くらいになると、こども自身に自我が生まれてきて、なかなか一筋縄ではいかなくなりますよね。

でも自我が出てきてるってことは、それだけ、身の回りに対する理解が深まっていること。

理解できる絵本もぐっと広がり、簡単なストーリーのあるものも楽しめるようになる時期です。特に、こどもたちは「絵を読む」チカラに長けています。言葉だけではなく、絵もじっくり味わえる本を選ぶと、大人には気づかない楽しさを色々見つけます。

だんだん大人も読むのが楽しくなる絵本選び。簡単なストーリーを楽しんだり、絵本についての会話だって(少しは)できちゃう2歳編、お届けします。

続きを読む

親子で楽しむおすすめ絵本:1歳編

「くるくる回ってるね~」喜ぶ笑顔は「くるくる」の響きにもあるのかも

絵本の中には、対象年齢が書いてある絵本がありますよね。例えば、福音館書店は、裏表紙に「自分で読むなら〇歳~ 読んであげるなら〇歳~」なんて対象年齢が書いてあります。また、0・1・2シリーズのように、タイトルが対象年齢を表しているものもあります。

楽しめる絵本がなぜ年齢によって変わるかと言うと、成長に伴って次の3つが伸びていくからです。

  1. 集中力の持続時間
  2. 知っている言葉
  3. 知っている概念(例えば、これは自分の物という所有の概念や、妹が産まれて嬉しいけれど寂しいなどの複雑な感情などなど。)

そう考えると、対象年齢の記載は、絵本を選ぶ時の1つの目安になります。

ただ、こどもによっては、理解できなくても楽しく思う場合もありますし、同じ絵本でも年齢を追うごとに楽しみ方が変わっていく場合もあるので、「迷った時の目安」くらいに考えていれば良いと思います。

続きを読む

親子で楽しむおすすめ絵本:0歳編

DSC05844_650_43

いよいよお待ちかね、親子で楽しむおすすめの絵本を、年齢順にご紹介していきます。

でも、正直に言うと、絵本をおすすめすることに、少し不安も感じています。

不安の理由は、「こどもによって違う」から。おすすめした絵本を、自分のこどもがあんまり楽しめなかった時に、ママパパをがっかりさせてしまったり、「私の読み聞かせ方が悪いのかも」「ウチの子の感性が弱いのかも」・・・と、かえって心配させてしまったら、どうしよう、と。

また、パパママの子育て方針や好みによっても、楽しめるかどうかの感じ方が変わります。

だから、このサイトでは、次の2点を意識していきます。

  • 1つ目は「どうしておすすめなのか」の理由をお伝えすること。
  • もう1つは、奇抜ではない「多くのこどもに喜ばれた絵本」を中心にご紹介していくことです。

(ウチの子は大好きだけど、たぶん一般受けはしないかも・・・というニッチな本は、今のところはガマン。)

続きを読む

親子で楽しめる絵本の選び方4つのポイント

bookmain5

ウチの子が喜ぶのはどんな絵本?絵本選びのポイントをお伝えします。

さぁ、いよいよ絵本を選びます。えっ、今までの記事でも絵本を選んでた?いや、その通りなんですが、読み聞かせっていいかもね、と思ったところで改めて、どんな絵本を選んだらいいのか、ご案内していこうと思います。

まずは、全年齢に共通する「絵本を選ぶ時のポイント」をお伝えして、そこからいよいよ、おすすめ絵本を年齢別に一気に紹介しますね。

ではさっそく、年齢関係なく知っておきたい「絵本の選び方」です。

続きを読む

絵本の読み聞かせの方法|2歳以上のこどもが喜ぶポイント

bookmain4

2歳からの絵本の読み聞かせのポイントをお伝えします。

人気がある絵本は年齢によって、成長につれて変わります。淡々とモノが出てくるだけの絵本から、物語のある絵本を聞いていられるようになると、いよいよ「読み聞かせしている」という気分になります。

ここで良く言われるのが「大げさに声色を変えると集中力を削ぐ」「身振り手振りは不要」「難しい言葉は絵を指さして伝える」「感想を無理強いしない」などなど。

続きを読む

絵本の読み聞かせの方法|0歳~1歳の赤ちゃん編

bookmain3

読み聞かせの方法、と検索すると、様々なサイトの情報を見つけることができます。「正しい読み聞かせ」「効果的な読み聞かせ」「読み聞かせでやってはいけないこと」・・・などなど。

親子で絵本を読むことに、何か明確な目的を持っている場合は、その目的に適った方法で行えばいいですよね。(例えば、言語習得・脳の発達を促す、などなど。)でも、親子で絵本を楽しめたらいいなぁ、という想いで絵本と触れ合っているならば、「これが正しい方法!!」というものにとらわれずに、もう少し自由でもいいんじゃないかな、というのが、このサイトでの考え方です。

という訳で、「気楽な読み聞かせ」始めてみましょう。①絵本を聴いてもらう方法 ②読み聞かせの姿勢 ③おすすめ絵本の順にお話していきますね。

続きを読む

絵本の読み聞かせの方法|スタート編

bookmain2

前回の記事では、絵本の読み聞かせには、こんなにいいことがありますよ、ってことをお伝えしました。

絵本と仲良くなりたいな、という気持ちになって頂けたでしょうか?

では、いよいよ、どんな風に絵本の読み聞かせをしたらいいのか、スタート編から始めたいと思います。

その前に、お母さんたちにお伝えしたいことがあります。

それは、「こどものために」絵本を読む、という気持ちを、一度忘れてみてはどうかな、ってことです。

続きを読む