育児・こそだて、テーマ別の解説・情報

育児や子育てに関して、テーマ別に基本知識から応用情報までを紹介していきます。抱っこの仕方、ねかしつけやねんねトレーニングの方法、おむつかぶれ対策の方法など、1人1人が自分に合った方法を選べるように、選択肢から選び方まで。

おむつかぶれに大事なのは乾燥だった!おすすめの方法4選

おむつかぶれには乾燥が大事。これは【常識】ともいえるかもしれません。

でも『ちゃんと乾かしてますか?』という質問に、自信を持って『はい!』と言える方は、少ないのでは?

赤ちゃんのおしりをしっかり乾かす方法の選択肢を紹介します。おむつ替えのプロセスに乾かす工程を入れるだけで、赤ちゃんのおむつかぶれはグンとよくなりますよ。

続きを読む

ねかしつけ会議③入眠儀式の方法をプロが語りあった

IMG_5484

ねかしつけ・ねんねトレーニングについて、プロが語り合う【ねかしつけ会議】第三弾。

第三弾の今回は、赤ちゃんがすんなり寝る方法を紹介します!

赤ちゃんが決まった時間に自然に眠くなるように、入眠儀式を行い寝るツボを刺激する。それが、ねんねトレーニングをスムーズに、寝かしつけの、強い味方になります。

続きを読む

抱っこ会議③寝かしつけ抱っこの方法をプロが語り合った

抱っこ会議第三弾

知っているようで知らない、抱っこについてプロが語り合う、抱っこ会議。

第一弾は、<①基本の抱っこ ②時期別抱っこ ③合う抱っこの見つけ方>。第二弾は、<ママの身体にやさしい抱っこ>について語り合いました。第三弾の今回は、さらにディープな抱っこ玄人情報を。

赤ちゃんが安心する抱っこすやすや寝る抱っこについて盛り上がりました。寝かしつけの強い味方になる情報が多すぎて、もっと早く知りたかったと強く思わされた会議でした。では、スタート。 

続きを読む

生後3か月以内の新生児おむつかぶれにスグできるおすすめホームケア4選

kabure5

新生児のママのほとんどが悩まされる、おむつかぶれ。皮膚がとびきり弱いし、うんちの回数も多い傾向があるから、どうしても起こってしまうもの。

自信を持って言えることは、おしりに赤みがある程度のおむつかぶれならば、慌てて病院に連れていくよりも、ホームケアが大事だってこと。。

ハウスケアには沢山の選択肢があるけども、ここでは、新生児のママに特におすすめの方法をご紹介します。

続きを読む

抱っこ会議②身体にやさしい抱っこをプロが語り合った

抱っこ会議_ママにやさしい抱っこ

知っているようで知らない、抱っこについて、プロが語り合うこの企画。

第一弾は、<①基本の抱っこ ②時期別抱っこ ③合う抱っこの見つけ方>の3本柱で話し合いました。第二弾の今回は、ママの身体にいい抱っこがテーマ。抱っこで腕が痛い、肩が凝る。悩みを抱えている方、必見です。

赤ちゃんが喜んで、ママの身体を痛めず、そしてママのお腹が引き締まる、いいことづくしの抱っこがあるんですって。(ああ、抱っこ会議、ひらいてよかった!)では、スタート。

続きを読む

ねかしつけ会議②ねぐずりと夜泣きの理由をプロが語り合った

main-2

ねかしつけ・ねんねトレーニングについて、プロが語り合う【ねかしつけ会議】第二弾。

今回は、赤ちゃんの眠りの正体について話し合いますどうしてねぐずりするのかどうして夜泣きするのか?知ることで、赤ちゃんのねむりにどう向き合うか、自分自身で選択することができるようになるはず。

続きを読む

おむつかぶれにはおしりふきシートよりコットンケア!ラクな手順を公開

おむつかぶれの時に、赤ちゃんがウンチ。おしりふきシートは使わず、洗ってケアした方がいいと聞いたことがある方は多いかと思います。ただ、毎回洗うのはちょっとめんどう。そんな時におすすめなのが、コットンケア!濡らしたコットンでやさしくおしりの汚れを落とします

ただ、コットンケアは、おしりふきシートより手間がかかります。続けるために、どうすればコットンケアの手間を減らしていけるのか、選択肢を紹介していきます。

続きを読む

おしりふきを変えればおむつかぶれが治る!?選択肢と選び方

kabure4

おむつかぶれを治すには自分に合ったおしりふきを見つけることが大切です。それは、ラクに続けられて、赤ちゃんが喜ぶ方法です。

おしりふきというと「おしりふきシートのことでしょ?」と思うかもしれません。

でも、選択肢は他にもあります。自分にとって一番の方法を見つけましょう!

続きを読む

おむつかぶれを治して笑顔になるための『4つの考え』

おむつかぶれのケア

おむつかぶれを治すために持っておきたい『4つの考え』を紹介します。

「考えじゃ、赤ちゃんは泣き止まない!何をすればいいか教えて!」と思うかもしれません。

でも、おむつかぶれが治っても、ママはぐったりっていうんじゃ、仕方ない。赤ちゃんだけじゃない、ママも笑顔になるためには、ちょっとした心がけが大事なんです。

続きを読む