はじめてのオムツの選び方|妊娠中に知っときたい!

はじめてのおむつの選び方

はじめてオムツを買う時に、予想以上の種類の多さに迷う方は多いのではないでしょうか?

オムツ選びに失敗しないために、はじめてのオムツの選び方を紹介します。

基本の情報はこれで十分

  1. 選ぶサイズ
  2. 買う量
  3. 種類を選ぶ基準

この3つのポイントを、先輩ママの声や、数値を取り上げながら説明していきますね。

新生児用のオムツだけでもこんなに種類がある!

新生児用のオムツだけでもこんなに種類がある!

 

結論

時間がない方のために、結論を先に書きますね。

◆サイズ→新生児サイズ

もうこれで決まりです。※サイズを詳しく

◆量→2パック

4パック以上は買わない方がいい。※量を詳しく

◆種類→やさしさを重視する

コスパは?とか言われますが、産まれてすぐだけは、とにかく質重視がおすすめ。

パンパース紫かメリーズが人気。※種類を詳しく

それでは、詳細を説明していきますね。

オムツの買い方、いきますよ~

オムツの買い方、いきますよ~

 

はじめて買うオムツのサイズ

新生児用で決まりです。

オムツには、テープタイプとパンツタイプ、形が2種類ありますが、新生児期に適しているのは、テープタイプ。そして、新生児サイズにはテープタイプしかありません

新生児用のオムツ

新生児用と書いているオムツを選ぶ

 

特に小さいサイズのオムツもある

一応、低体重児用の、特に小さいサイズのオムツもあります。低体重児は、以前は、未熟児と言われていた小さくうまれた赤ちゃんのこと。

このサイズのオムツはふつうの薬局では売っていないことが多いですが、amazonなどネットでの購入が可能です。名称はメーカーによりちがいます。

  • パンパース:マイクロサイズ
  • ムーニー:新生児より小さいサイズ
  • グーン:新生児用 小さめサイズ

3,000g未満の赤ちゃんにぴったりフィットするサイズ感に作られています。小さめにうまれた場合は、思い出してみてくださいね。

初期に低体重用のオムツを使うことになっても、そのうちに、新生児用が必要になります。買って後悔ってことはないので、ご安心を。

オムツは出産前に、何パック買うべき?

結論を言うと、おすすめは2パックです。

もっとたくさん、まとめ買いするつもりだった方、いるんじゃないでしょうか?

「オムツはすぐなくなるから、買いだめした方がいい」

これ、半分は正解で、半分はまちがいです。

オムツがすぐなくなるのは本当で、多いと一日20枚以上使うと言われています。なのに、新生児期のオムツは買いだめしない方がいいという声が多数なんです。

オムツのまとめ買いNG派が多い理由

オムツが余る!まとめ買いで困るのは、これにつきます。

どうして、余るなんてことが起こるんでしょう?

ひとつ目の理由は、赤ちゃんの成長スピードが早いこと。

ミルクを飲む赤ちゃんの成長は、一日30gの増加が基準となると言われています。一週間で210g。ただ、個人差があるので中には週で350gも増える赤ちゃんもいます。

こんなペースで大きくなるから、あっという間に、新生児用サイズを卒業してしまうんです。

オムツが余って困るママ

余ったオムツの使い道は…ない!

ふたつ目の理由は、特に小さいサイズのオムツがあること。

新生児用のオムツは、基本的には<5kgまで>使えると書いていますが、各商品によってオムツのサイズ感はちがっているんです

小さめの場合は5kgになる前に、サイズアップが必要になります。実際、口コミでもこんなものが。

  • 4kgを超えたあたりからきつくなりはじめた
  • ふともも太めなので、5kgになる前に足回りにテープの跡がつくようになってサイズアップした
  • 5パック買ったけど、使い切れなかった

オムツを余らせて泣く

こそだては物入りだから、オムツは無駄にしたくない!

 

計算すると2パックなら、まず使い切れる

では、何パックなら、余らせずに使えるんでしょう?計算しました。

こう仮定します。

  • 4,300gでサイズアップする
  • 3,500gで産まれる
  • 週300gずつ体重が増える
  • 一日15枚使う

※リスクを減らすため、大きめに生まれ、早めにサイズアップするケースを想定

サイズアップまでのオムツの使用枚数を算出しよう

※細かいので読み飛ばしてくださいね。

  • サイズアップまでの体重増加

サイズアップの体重(4,300g)-出生時体重(3,500g)=増加体重(800g)

  • サイズアップまでの日数

増加体重(800g)÷一日あたりの体重増加(300g÷7日)=サイズアップまでの日数19日

  • サイズアップまでのオムツの使用枚数

一日あたりのオムツ消費枚数(15枚)×使用日数(19枚)=285枚

新生児用オムツは、1パックあたり90枚~110枚入っています。

つまり、

90枚入りの場合は、3.1パック

110枚入りの場合は、2.5パック

で、サイズアップするということになります。

出産前に、2パック購入なら、まず余らせることなく使い切ることができそうですね。

2と表示する女性

オムツは2パック購入がちょうどいい

 

協力体制があるなら1パック買いでも

もし、いくじの協力体制がしっかりしているなら、1パックのみ買うという選択肢もあります。

オムツにも合う、合わないがあるので、合わないならば、次はちがう商品にチャレンジすることができるなどメリットも大きいです。

ただ、1パック買いは、頼んだらすぐに、まちがえずにオムツを買う手配をしてくれる人がいる場合にしたほうがいいです。

自分でネット注文しなければならない状況はつくらない方が賢明です。出産後の母体へのダメージは本当に大きく、スマホ、パソコンを使わず目を休めることが大事だと言われています。

また、家族に頼んだ場合、メーカー、サイズがちがっていたということも多いよう。

どの種類のオムツを買う?

さて、新生児用のオムツを2パック買うとわかっても、オムツ売り場でずらりと並ぶオムツにたじろぐ方もいるかもしれません。こんなにたくさん種類があるの?って。

  • 有名なパンパース?
  • 爆買い人気のメリーズ?
  • 総合評価高めのムーニーマン?

おむつの種類

値段も様々。

もっと安い他の商品もあるし…。どれにするか、迷いどころですよね。

肌へのやさしさだけを、考えて選べばいい

正解はありませんが、迷った時は、肌へのやさしさを重視して選ぶことをおすすめします。

ネットで調べると、オムツ評価の記事はたくさんあります。肌へのやさしさ、吸収力、コスパなんかでの総合評価!などいろんな項目が評価されて点数化されたものも。

肌にやさしいおむつ

肌触り、吸収力。ものによって全然ちがう

総合評価は、育っていく過程で、と~っても参考になるものなんですが、出産前に買うオムツを選ぶ時は、総合評価よりも、肌へのやさしさが大事です。

成長する中で、そのオムツが、フィットしないなぁ、はかせにくいなぁ、もっと安いものがいいな、と感じた時に、他のオムツへの変更を検討してみることをおすすめします。

肌へのやさしさが、新生児期に大事な理由

どうして、やさしさが一番大事なんでしょう。

それは、新生児期は、おしりがかぶれやすい時期だから。

これ、よく聞くことかもしれません。でも、実際に赤ちゃんが生まれて、お世話をしていくとそのかぶれやすさは想像以上!

かぶれやすい赤ちゃんのおしり

びっくりするほどかぶれやすい

どうして、そんなにかぶれやすいのか。理由は、新生児期は肌が弱く、うんちとおしっこの回数が多いからです。

新生児期の肌は、表皮がおとなの二分の一程度しかないと言われています。

また、おしっこの回数は15回から20回、うんちは多い子だと10回を超えます(中には15回以上のことも)。

おしっこを替えたと思ったら、次うんち。寝て起きたと思ったらまた、おしっこ。おしっこを替えてる最中にまた、おしっこ。おっぱい飲んだらまたうんち。

「生まれたばかりの頃っていったら、抱っこしてるか、おっぱいあげてるか、オムツ替えてるか、この3つの繰り返し。隙間に、ちょっと寝れたらラッキー」

そんな風に記憶しているママ、実はとっても多いんです。

おしりがかぶれると、こそだての大変さはぐっと増える

おしりがかぶれると、こそだてはどうなるんでしょう。

「赤ちゃんが痛そうで、かわいそう」

問題は、そんなことでは終わりません。

おむつかぶれの時は、泣いて、ぐずって、眠らず…と、親への負担が格段に増えることが多いのです。

かぶれるとおしりが敏感になって、ちょっとしたおしっこで目を覚ましやすくなります。せっかく寝かしつけに成功しても、また、一からのスタート。

泣き止まない赤ちゃん

かぶれると、ぐずる時間が長くなる

ママの寝不足が増えるし、気持ちの余裕も減ってきて…。悪い循環が生まれてしまうんです。

だから、まずは肌へのやさしさを一番に考えて、オムツを選ぶことが大事なんです。

特に肌にやさしいといわれるオムツ2種

次の記事でも紹介しますが、肌へのやさしさへの評価が高いオムツを2つ紹介しておきますね。

パンパース紫とメリーズ

パンパースの紫とメリーズ


肌にやさしいオムツ①パンパースはじめての肌への一番

通称、パンパースの紫。値段も一番ですが、評価も一番。まずこれを買っておけばまちがいなし。ただ、サイズが小さめなので、大きめにうまれそうって時は注意。

肌にやさしいオムツ②メリーズ

品薄が話題になりましたが、もう、薬局やネットでも購入可能。パンパースの紫よりは、安価。肌へのやさしさは、定評あり。

まとめ

これで、産まれる前に知っておきたいオムツの基本情報は十分です。

◆サイズ→新生児サイズ

◆量→2パック

◆種類→やさしさを重視する(パンパースの紫か、メリーズが人気)

ということでしたね。

赤ちゃんが生まれてから、オムツを卒業するまで、2年~3年もの間付き合っていくことになるオムツですが、一番、質の高さが求められるのが、新生児期です。ぜひ、合うものを見つけ出してくださいね。

次回は、新生児期の赤ちゃんにやさしいオムツはどれなのかを紹介します。実際に、6種類のオムツ(約600個分)を購入して比較、ネットの口コミ800件以上をチェックして、各オムツの特徴や機能を比較しました。お楽しみに~。

SNSでもご購読できます。