絵本の読み聞かせの方法|スタート編

bookmain2

前回の記事では、絵本の読み聞かせには、こんなにいいことがありますよ、ってことをお伝えしました。

絵本と仲良くなりたいな、という気持ちになって頂けたでしょうか?

では、いよいよ、どんな風に絵本の読み聞かせをしたらいいのか、スタート編から始めたいと思います。

その前に、お母さんたちにお伝えしたいことがあります。

それは、「こどものために」絵本を読む、という気持ちを、一度忘れてみてはどうかな、ってことです。

「こどものために」と思うと、興味を示してくれない時に「せっかく、あなたのためにやってあげてるのに!! もうっ!!」ってイライラしちゃうのが目に見えてます。でも、そこでイライラしちゃったら、せっかくの絵本の時間が、こどもにとって「ママがイライラしている時間」になっちゃいますよね。

次々にページをめくって、聞いてくれないことも多いですよね

次々にページをめくって、聞いてくれないことも多いですよね

 

ママ自身がちょっとラクしたいから絵本を試してみようかな、ってくらいの、軽い気持ちで、絵本の読み聞かせを始めてみてはどうでしょうか?

では、そんな気楽な気持ちでスタートしましょう。

しみずみえ

絵本をよむひと、しみずみえがお届けします~♪

 

1.絵本の読み聞かせはいつから始めたらいい?

教科書的には、4か月がひとつの目安

お母さんたちに、よく質問されるのが、この質問「絵本の読み聞かせはいつから始めたらいい?」です。教科書的には、4ヶ月くらい、こどもが目の前のものに手を伸ばすようになる頃が1つの目安と言われています。つまり、目の前のものに興味を示せるようになれば、絵本にも興味を持てる、ということですね。

でも、それは1つの目安。一般にイメージする絵本の読み聞かせのスタートには、その頃が適しているかもしれませんが、まずは絵本と仲良くなろうという意味では、はじめよう、と思った時がはじめ時です。

はじめようと思った時が、はじめ時

ママ自身が絵本を読むこと大好きで、読むと落ち着くのよね・・・ということならば、生まれてすぐの赤ちゃんに、子守唄変わりに絵本の言葉を聞かせてあげたっていいんです。

夜、こもり歌代わりに絵本を読んでもいい

夜、こもり歌代わりに絵本を読んでもいい

 

まだ読んでない人も始めるのが遅くなっちゃった、なんて思わないで、始めたいと思った時から手に取ったらいいんです。

なんだか絵本を読むのは面倒くさいんだけれど、ちゃんと読んであげましょうねって言われるし、始めなきゃいけないんでしょ、面倒だなぁ・・・と思うならば、まだ読まなくていいと思います。

でも、絵本をこどもの手の届くところに置いてみてください。もし、こどもが興味を示したら、「うん、それ絵本だよ」「〇〇の絵がかいてあるね」「あ、ひらくね」と、ちょっと会話してみてください。

これなに?絵本に興味を持った時がはじめどき

これなに?絵本に興味を持った時がはじめどき

 

無理に読まなくていいですよ。モノとしての絵本について、言葉を交わし、こどもが、これなにかなぁ、と思ってくれる、今はそれで充分です。そのうちに、お母さん自身が読んでみよっかな、って気持ちになった時に、「それ、読もうか?」って読み始めてくださいね。

 

2.絵本の読み聞かせをはじめる時期

赤ちゃんに読み聞かせなんて早すぎる?

前段で、絵本は4ヶ月くらいからが目安と書きましたが、えっ?そんなに早いの?って思いませんでしたか?そんな小さい赤ちゃん、言葉も分からないし、絵も何だか認識できないし、見ても分からないんじゃないの?・・・とう思われる人も多いのです。

でも、「まだ理解できないから絵本が早すぎる」って心配はしなくても大丈夫。大人と同じ理解じゃないとしても、こどもなりに受け止め、楽しんでいます。

小さくてもこどもなりに楽しんでいる

小さくてもこどもなりに楽しんでいる

 

音の響きや変化。大人ととはちがう理解でも、楽しめる。

『かさ さしてあげるね』という絵本があります。

動物の背中にあたる雨音がそれぞれ違うのです。ぞうさんの背中にあたる雨の音、ありさんの背中にあたる雨の音・・・。大人は、ぞうは大きいからこんな音・ありは小さいからこんな音、と理解します。

でも、その理解がないと、楽しめないでしょうか?この絵本をにこにこしながら楽しむこどもたちはきっと、ただ音の響きや変化を味わったり、どんなものかなぁと想像したりすることで、充分に楽しんでいるのだと思います。

だから、赤ちゃんには絵本は早すぎる、って思わなくてもいいんです。大人と同じ理解じゃなくても、赤ちゃんは赤ちゃんなりに、楽しめるから。

意外な絵本に、大喜びすることも!

意外な絵本に、大喜びすることも!

 

3.絵本スタートにおすすめの絵本

興味をひきやすい絵本の特徴

絵本スタートの時は、必ずしも、大人が思うような絵本の楽しみ方をしてくれるとは限りません。なんだこれ~?!と興味を持ってかじる。色鮮やかさに興奮して両手でバンバン叩く。変化がオモシロくてひたすらめくる。・・・そんな、ちょっと手荒な歓迎にも耐えられるような、厚紙タイプの絵本がおすすめです。

また、こんなものが興味をひきやすいようです。

  • 絵柄が大きいもの
  • 言葉が長すぎないもの
  • 擬音語や擬態語(わんわんや、てんてんなど)のあるもの

絵本に描かれていることを理解するのではなく、色や形、音やリズムを楽しみ、絵本の楽しさに出会えるといいですね。お

しみずみえのおすすめ絵本を2冊

「じゃあじゃあびりびり」地域によっては、ブックスタートに使用しているところもあるようです。ぶいーんとコードを引く「そうじき」が、最近のこどもに理解されなくなりつつあります。

「てんてんてん」言葉と色と形の面白さがシンプルに凝縮された絵本です。この本以外も、福音館書店の0・1・2のシリーズは、紙の厚さも、10ページというページ数も、スタートにうってつけ。

どうかしら。

まずは気負わず気軽に絵本デビュー、楽しんで頂けたら嬉しいです。

次回は、もう一歩進んで、0歳~1歳の読み聞かせのポイントを具体的に紹介します。【絵本の読み聞かせの方法|0歳~1歳の赤ちゃん編】

———————————-

■他には、どんな絵本がおすすめ?

0歳におすすめの絵本は【親子で楽しむおすすめの絵本:0歳編でご紹介しています。絵を楽しむ、リズムを楽しむ、定番絵本。3つの基準でチョイスしました。

気負わずに、絵本、楽しみましょう~!

気負わずに、絵本、楽しみましょう~!

SNSでもご購読できます。