おむつ替えグッズ|赤ちゃん用おしりふき洗浄器あったかいdeシュ

温水おしり洗浄器

買って損した!とならないように、ベビーグッズはよく調べて買いたいもの。いろんなベビーグッズを徹底的に調べて、紹介していきます。

今回は、温水おしり洗浄器あったかいdeシュ。

  • こすらず、おしりが清潔になる
  • おむつかぶれが、劇的によくなる
  • おむつ替え時に暴れていた赤ちゃんが、気持ちよさそうにしてる

そんな口コミがいっぱいで、赤ちゃんのおむつかぶれに悩むママたちから絶大な支持を得ています。

あったかいdeシュ、実は、前回紹介した、「ホットシュッシュ」と性能はほぼ同じ。その差をみていくことで、実際に買うならどっちがいいのか、選べるようにしたいと思います。また、あったかいdeシュは一部高いものも流通してます。それを買わないための見分け方にも触れますね。

ホットシュッシュ

筆者は類似品のホットシュッシュを購入

 

何?|温水おしり洗浄器=お湯の出るきりふき

まずは、温水おしり洗浄器が何かを紹介します。つくりはシンプルで、スプレーがあって、それを電気で保温する箱がある。というもの。

スプレーの中に水を入れて保温をしておけば、いつでもおしりを洗う適温の約40度のお湯が出せる。それをシュッシュと吹きかけて、おしりを洗えるってわけです。※温水おしり洗浄器でのおしりの洗い方

口から温水が出る

口から温水が出る

あったかいdeシュは、その温水おしり洗浄器の代表的存在。赤ちゃん本舗の商品名です。

芸能人のブログで人気に火が!入手困難に

このあったかいdeシュ、ネットでは一時<入手困難なベビーグッズ>として話題になったんです。というのも、お笑い芸人のオセロ松嶋さんがブログで「買ってよかったベビーグッズ」にあったかいdeシュをあげたから。それを使った方からも「買ってよかった!」との声が続出。しばらくは、ネット上では売り切れ続出でなかなか買えない状況が続いていたとか。

今では、人気が落ち着いたのか、生産量が増えたのか、amazonでも、楽天でも買うことができます。

あったかいdeシュの商品詳細

あったかいdeシュの商品詳細をみてみましょう。

色/パターン

あったかいdeシュ-約3,900円

L茶

L濃いピンク

あったかいdeシュ!W-約5,380円

L薄いピンク

メーカー 赤ちゃん本舗
商品詳細

サイズ/サイズ=幅13.5×奥行16.5×高さ19.5cm、重量/300g
消費電力/15w(1日約5円)

2つの価格あり!高い方を買わないように注意

あったかいdeシュには、【あったかいdeシュ】と【あったかいdeシュ!W】があります。

性能差は特になく、デザイン・金額がちがっているよう。【あったかいdeシュ!W】の方は1,000円以上高いです。

Wなしの安価な方が新製品で、過渡期として高いものも販売されているようです。赤ちゃん本舗のサイトには、安価な方のみ販売されていますが、amazonでは、安価な方も、高い方も売っているので、間違えて高いものを購入しないよう、注意が必要。

※あったかいdeシュで検索すると、amazonで【あったかいdeシュ!W】(高い方)が検索順位トップで表示されるので、それを買わないように

あったかいdeシュVSホットシュッシュ!買うならどっち!?

ほぼ同機能、とは言われていますが、あったかいdeシュと、ホットシュッシュにちがいはないのでしょうか。ホットシュッシュの方が安いと言われていますが、ほんとうなのでしょうか?みていってみます。

性能の差は?

働き

同じ

容量 300mlで同じ
消費電力 15Wで同じ
デザイン/色

あったかいdeシュ

L茶・濃いピンク・薄ピンク

ホットシュッシュ

Lイエロー・白

コストは?ホットシュッシュと比べると?

あったかいdeシュは、上でも書いたように価格に幅があります。

楽天の赤ちゃん本舗店だと、本体価格3,065円ですが、別途送料がかかります(北海道・沖縄以外は全国一律648円)。amazonだと3,900円(送料込)なので、楽天で買えば、3,713円で一番お得。この楽天価格で、コスト算出しますね。

あったかいdeシュ基本的なコスト

本体価格 約3,713円
電気代/月 約150円
その他消耗品 特になし

1回あたりのコスト

仕様状況の想定は、ホットシュッシュ同様にします(前回記事参考)特におしりがかぶれやすい、生後半年の期間だけ使用。最初の3か月は一日5回後半の三か月は一日2回使ったと想定します。すると…

  • 総使用回数 630回
  • 半年でかかる総コスト 4,613円
  • 1回あたりのコスト 7.3円

半年あたり換算で、ホットシュッシュ比、総コスト+187円1回あたりコスト+1.1円ですね。

ちなみに、おしりふきシートだと、一回あたり6~9円程度(商品によって差あり)。ホットシュッシュ・あったかいdeシュ共に、初期費用はかかっても、最終的には高くないことがわかります。

その他にちがいは?

あかちゃん本舗のあったかいdeシュは、セットするスプレーの買い替えが可能(493円)。ふつうに使う分にはまず壊れないのでいらないでしょ…と思ってましたが、口コミをみると「壊れたので買い替えがあったので助かった!」という口コミが案外多くありました

大抵は、1人目が大きくなって投げて壊した・割った、などのケース。もしもの時に備えたいなら、買い替え可能なあったかいdeシュを選んだ方がいいかも。

デザインが好きなものを選べばOK

あったかいdeシュ、ホットシュッシュの2つをこうやって比較すると…

  • 性能は変わらない
  • コストもほとんどかわらない

ちがいはこの2つ

  • デザイン
  • スプレーの買い替えの可否

買える場所

赤ちゃん本舗の店舗、ネットショップ、amazonなどで販売。

比較商品

先ほどから比較している、ホットシュッシュ以外に、比較検討しておきたい商品をピックアップしますね。

①コンビ お湯でコットンおしりふき

あったかいdeシュ同様、温かいお湯を使っておしりをきれいにすることを目的にしている商品。あったかいdeシュはうんちを洗い流す。お湯でコットンおしりふきは、コットンをお湯で濡らしてふく。使い方が大きくちがいます。

おしりへのやさしさ、コストを優先したいなら、あったかいdeシュラクさ優先なら、お湯でコットンおしりふきも検討をおすすめします。

②リッチェル 赤ちゃんおしりシャワー 411円

これは温水維持機能はなく、お湯で洗いたいならば毎回お湯を入れる必要があります。その手間がOKか、水洗いでもいいという方には、かなり安価なのでおいしい

併せてあると便利なもの

あったかいdeシュを使うなら、併せて用意すると便利なものを紹介します。

おむつ替えシート

温水おしり洗浄器を使うときは、おむつ替えスペースが濡れやすいので、おむつ替えシートは必須。

薄いものだとよれやすいので、厚めのものを、2~3枚用意したい。

輪おむつ

水分キャッチ用のタオルが必要。ウンチで汚れやすいので、日常使いのタオルと区別したい、という方は、輪おむつがおすすめ。一目でウンチ用だとわかって、肌触り・吸水力ともに抜群で使いやすい

まとめ

前回に引き続き、使用者からの評判が抜群にいいおしりまわりグッズの紹介でした。ホットシュッシュかあったかいdeシュ、どちらにするかは決まりましたか?

今、お世話している赤ちゃんが、一人目で、2人目、3人目と作っていくことを考えているならば、スプレーの買い替えが可能な、あったかいdeシュを選んでおくことがよさそうですね。

市原家の場合

生後5か月の時点で、ホットシュッシュを購入。10か月まで毎日8回以上のうんちをしていたので、半年近く大活躍。それまで手作りウォッシュレットで必死に洗ってたので、こんなにもラクなものがあったんだ!とびっくり。まじでもっと早く買えばよかったと後悔した一品でした。

SNSでもご購読できます。