おしりふきシートアカチャンホンポテンセルの口コミ|環境にもやさしいけど割高

IMGP7042_650

おしりふきシートアカチャンホンポテンセルを実際使った感想、口コミ情報

アカチャンホンポだけでもおしりふきシートの種類は多いので、どれがいいのかわからなくなりますよね。特に「テンセル」は売れ筋じゃないからか「何、それ?」という方も多いのでは。どんな特徴があるか、どこで買えば安いかまで紹介します。

どんな風に分析したかというと…10種類のおしりふきシートを実際に買って比較しました。それぞれの違いを確かめるための、検証実験も実施!各シートの特徴を点数化し、見える化しました。>>おしりふきシート全商品比較一覧

おしりふきシートアカチャンホンポテンセルの評価

■おしりふきシートアカチャンホンポテンセルのレーダーチャート

アカチャンホンポTENSEL

  • コスト 2点 <1うんちあたり 7.3円 8位/10中>
  • キャッチ力 4点 <1うんちストローク数 5 4位/10中>
  • 使いやすさ 3点 <出しやすさ2点 広げやすさ3点 ふきやすさ4点>
  • やさしさ 2点 <うるおい 1点 分厚さ2点 キャッチ力4点>
  • うるおい 1点 

総合得点 13点(7位/10中) 

このレーダーチャートは、おしりふきシートのふき心地実験を経て、キャッチ力算出コスト算出使いやすさ算出をベースに作成しました。

評価コメント

6種類もあるアカチャンホンポのおしりふきシートの中では3番目の点数、ただ、全体10商品中では7位。

機能の得点は平均並み、価格が高い。総合得点が伸びませんでした。

おしりふきシートアカチャンホンポテンセルの3つの特徴

1 やわらかい

2 環境にもやさしい

3 くっつきやすい

厚手タイプに比べて、やや薄い感じがしますが、やわらかくキメが細かいのでペラペラ感はないです。薄〜い肌着みたいな手触り。

「計画植林されたユーカリの原木を主原料に、環境負荷の少ない生産方式でつくられた繊維「テンセル」を100%使用している」ということで、肌にだけでなく、環境にもやさしい。

アカチャンホンポおしりふきテンセルの欠点

扱いにくさは、欠点でしょう。独特な素材感で、面と面がひっつきやすく、袋から抜き出しにくく、片手で広げにくい。

また、機能の割には、値段も高い。

おしりふきシートアカチャンホンポテンセルを安く買える場所

amazonは劇高なので注意。

アカチャンホンポ直営の、オムニ7か楽天店が安い。

アカチャンホンポの他のおしりふきシート同様、amazonで買うとめちゃくちゃ高いです。

価格を比較してみましょう。

量:840枚<70枚×12個パック>

  • amazon 4,450円( 1枚あたり5.29円プライムで送料無料)
  • アカチャンホンポ 2,838円(1枚あたり3.37円 送料別)

おいおいおい!ってくらいの違いですよね。もう、びっくり。アカチャンホンポは送料別ですが、それでも余裕でアカチャンホンポで買った方が安い。

ネットで買うなら、オムニ7で

アカチャンホンポは、「オムニ7」か「楽天」にネット上の直営店舗を出しています。が、このおしりふきシートテンセルは、楽天上では、RC genki storeというアカチャンホンポ直営ではない店舗でしか扱われておらず価格も高いです。ネット上で、一番やすく買えるのは、オムニ7のようです。

■オムニ7の送料 300円

※送料無料の仕組みはなし

>>最安アカチャンホンポ

※他のおしりふきシートとのコスト比較は、【おしりふきシート比較実験結果②ほんとうに安いのはどれ?】をチェック

くわしく、おしりふきシートアカチャンホンポテンセルを知りたい

こっからは、マニア情報(笑)

アカチャンホンポテンセルを使った感想|実験レポート

手作りをした1回分のうんちを拭いた時の感じをレポートします。


 

厚みがあって、クッション性を感じる。1枚目は1回折りからスタート。なんとか2回折りまでは拭けるがそれ以上は無理。2枚目は、うんちの量が減ってるので3回折りまでOK。

実験の様子はこちら

うんちペーストを作って、キャッチ力を比較

うんちペーストを作って、キャッチ力を比較m

 

おしりふきシートアカチャンホンポテンセルの商品情報

ホームページに掲載されている商品情報を紹介しましょう。

肌着にも使われている素材「テンセル」を厚手のおしりふきのシートにしました。

計画植林されたユーカリの原木を主原料に、環境負荷の少ない生産方式でつくられた繊維「テンセル」を100%使用しています。

プロプレングリコール(PG)不使用

ヒアルロン酸Na(保湿成分)配合

ノンアルコール・無香料

皮ふ敏感性テスト済み

アカチャンホンポテンセルの成分

水、ヒアルロン酸Na、ポリアミノプロピルビグアニド、PCA-Na、安息香酸、セチルピリジニウムクロリド、PEG-60水添ヒマシ油、EDTA-2Na、リン酸2Na

メリーズ、パンパースなどに比べると格段にシンプルですね。

比較商品|似ているもの

同じくアカチャンホンポ製品ならば、テンセルでない「厚手タイプ」と使い心地は似ています。厚手タイプの方が、ややキャッチ力が高く、扱いやすく、価格も安いです。テンセルの持つ環境にやさしいという特徴に特別な魅力を感じないならば、普通の厚手タイプの方がオススメです。

また、それよりも、どちらかというと、ムーニーやわらか素材の方がおすすめです。キャッチ力、扱いやすさはほぼ変わらず、格段に安いです。(ムーニーはamazonがお得)

全体の性能比較は【10種のおしりふきシート徹底比較|総合力をレーダーチャート付きでランキング!】を。

SNSでもご購読できます。