赤ちゃんの抱っこを動画で解説|横抱きの仕方

20160607-DSC06732_650_43

はじめて新生児を抱っこする時は、誰もがどぎまぎしますよね。産まれたばかりの赤ちゃんが安心する抱っこの方法を動画と写真を使って紹介していきます。

今回は、横抱きの方法。首が座る前の、生後間もない時期にぴったりの抱っこ。抱っこをするときのポイント、手順をプロ監修の下紹介していきます。

■もくじ

1. 横抱きの仕方を動画で解説

 ※ルビ付きなので、消音でもOK

2. 横抱きをする時のポイント

3. 写真で横抱きの手順を復習

 ※動画を見れない方は、ここをチェック

1.動画で横抱きの仕方を解説

2. 新生児を横抱きをするポイント

おしりと首の2点を抑える

抱っこをするときは、常に、赤ちゃんの首とおしりの2点を支えるようにします。首とおしりは、赤ちゃんの背骨の始点と終点。この2点を抑えると、赤ちゃんは安心します

頭とおしりをしっかり押さえる

頭とおしりをしっかり押さえる

抱っこしたら、身体に赤ちゃんを引き寄せる

赤ちゃんとの間に距離があると、安定しません。また、腕の部分に赤ちゃんの体重がかかり、腱鞘炎になりやすくなります。ぐっと身体に赤ちゃんを近づけて、肘の上に赤ちゃんの首がのる体勢を取りましょう。

赤ちゃんを横抱きする様子

肘の上に赤ちゃんの頭をのせる

背骨がまるまるような角度に調整

新生児の背骨の形状は、大人のようなS字ではなく、C字をしています。背骨の形に合わせ、背骨が丸まるような体制が落ち着くとされています。抱っこする時も、背骨まんまるを意識するのおすすめです。

背中がまんまるになるように

背中がまんまるになるように

3.写真で見る横抱きの手順

①赤ちゃんの首をうかせて、ママの腕を赤ちゃんの頭の下に入れます。

赤ちゃんを横抱きする手順

②反対の手を赤ちゃんの足の間から入れ、おしりを支えます。

赤ちゃんを横抱きする手順

③自分の胸を赤ちゃんの身体に寄せる体制を取ってから、赤ちゃんを持ち上げます。

赤ちゃんを横抱きする手順

④赤ちゃんの身体を、ひきよせます。赤ちゃんの頭が、自分の肘の上にのせて安定させます。

赤ちゃんを横抱きする手順

まとめ

横抱きの方法は理解できたでしょうか。細かい手順をひとつひとつ覚えていくというよりは、シンプルに【首の下とおしりを抑える】ことを意識して動くと、最初はやりやすいかと思います。

次回は、縦抱きの方法を、動画で紹介します。お楽しみに~。

■監修者紹介

■身体のプロ:田中けいた

骨盤パパ田中けいた
ボディケアトレーナーで一児のパパ。ヨガ・ストレッチ・マッサージ・セルフチネイザンを複合したパーソナルトレーニングの提案が専門。妻の妊娠をきっかけにママが気軽にできるケア・体の使い方を日々研究中。

田中けいたのボディメイク日記

 

■保育のプロ:みほさん

保育アドバイザーうすいみほ

保育アドバイザーで一児の母。幼稚園・チャイルドケア担任・家事代行&シッター教官、など乳幼児保育・教育経験は16年になる。小枠で行っているシッターは保育の適切なアドバイスがもらえると大好評。

 

 

SNSでもご購読できます。