生後3か月以内の新生児おむつかぶれにスグできるおすすめホームケア4選

kabure5

新生児のママのほとんどが悩まされる、おむつかぶれ。皮膚がとびきり弱いし、うんちの回数も多い傾向があるから、どうしても起こってしまうもの。

自信を持って言えることは、おしりに赤みがある程度のおむつかぶれならば、慌てて病院に連れていくよりも、ホームケアが大事だってこと。。

ハウスケアには沢山の選択肢があるけども、ここでは、新生児のママに特におすすめの方法をご紹介します。

敢えて『おすすめ』する理由

いくじの窓口では、基本的には、選択肢を紹介して、あとはママたちが『やりたいもの』を選ぶ、という<ゆだねる>スタイルを取っています。だけど、この記事では、敢えて『おすすめ』のおむつかぶれケアを紹介したいと思うんです。それには、理由があります。

ホームケアの方法はたくさんある

前の記事でも書きましたが、おむつかぶれのケアの方法って案外選択肢が多いんです。

  • 何で拭く?
  • どうやって乾かす?
  • 何塗る?
  • おむつはどれ選ぶ?

それぞれについて、いくつもの選択肢があります。

どれがいいのか、特徴を把握して、やり方を調べて…とすると、結構時間、かかっちゃいます。

新生児のママは身体を休めたい

体が元気なら、調べるのも苦にならないかもしれません。こそだてで知識は、役立ちますしね。

でも、新生児のママで、体力的に余裕があるひとって、なかなかいないんじゃないでしょうか?

出産のダメージ、夜泣き、寝不足、心労…。もう、クタクタ。。ってママがほとんどですよね。

<前置きなんていいから、早く正解を教えて欲しい!>そんな気持ちになっても、仕方ない時期だと思うんです。

目と子宮は繋がってるから、スマホ時間はほどほどに

妊娠期間中に大きく膨らんだ子宮は、出産後に収縮していきます。その期間に、目を使い過ぎるのはよくない、と知っていましたか?

実は、目と子宮は繋がっていて、目を使い過ぎてしまうと、産後の子宮収縮が遅れてしまう可能性があるんです。初めてのことだらけだから、調べたいことはどんどん出てくる。だけど、スマホの見過ぎは厳禁。ママって、ほんと、大変ですよね。

おすすめのおむつかぶれケアを選ぶ基準

新生児ママ、どんなおむつかぶれケアを紹介して欲しいですか?ここで選んだ基準を紹介しておきますね。

身体がラクにできる

立ちあがるのすら大変な時期だから、動きまわらずできるってのは、大事ですよね。

自分が使って実際に効果があったもの 評判がすこぶるいいもの

いくらラクでも、効果がなければ、意味なし!弱い新生児のおしりが、すぐにきれいになる方法を紹介します。

ローコスト

いくらよくっても、高過ぎたらできませんもんね。経済的なものを選びました。

 

それでは、この3つの基準で選んだ、おすすめのおしりケア方法を紹介していきます。

おすすめおしりケアの方法

おむつかぶれケアの方法を、ケアする4つの手順に分けて紹介していきます。

その手順は、こんなかんじ。

おしりかぶれ対策

  1. おしりをきれいにする
  2. 乾燥させる
  3. 塗る
  4. おむつを変える

では、順番に、いってみましょ~

きれいにする方法 | 温水おしり洗浄器がおすすめ

おむつかぶれしている時は、おしりふきシートを使わず、やさしく洗い流すといい、と聞いたことがある方、多いんじゃないでしょうか?確かに、洗い流すの効果は絶大。無駄な刺激なく、清潔にできます。

でも、洗い流すって、案外めんどうなんです。下半身だけ洗うからといって、上半身は服を着せたままにすると、濡れて着替えさせないといけないし。首が据わらない赤ちゃんを片手で支えて、片手で洗わないといけないし…。

そこで、おすすめなのが、温水おしり洗浄器

ホットシュッシュ

これが温水おしり洗浄器

おむつ替えの時は、下におむつ替えシートをひいて、シュッシュッとします。こすらずに、うんちやおしっこがきれいに。

しかも、この方法だと、赤ちゃんがおとなしくしていてくれるっていう口コミがとっても多いんです。おむつふきシートのひんやり感や、ごしごしこする摩擦がなくって、きもちがいいのかもしれませんね。

■新生児ママにうれしいポイント

  • 立ちあがらなくってもできる!
  • 長く使えてローコスト
  • 赤ちゃんがおとなしくて、スムーズ
  • おむつかぶれに効果絶大!

乾燥する方法|クッキングペーパー+風で

おしりをきれいにした後、すぐにおむつを履かせていませんか?これは絶対NG!よく言われることだけど、おしりはしっかり乾燥させましょう。

乾燥させる方法は、クッキングペーパー+風がおすすめ。

クッキングペーパーはやわらかいものを

一般的には、ガーゼ・タオル・ティッシュなどで拭くという声が多いのですが、裏ワザのクッキングペーパーが使えます。ティッシュのように、濡れてやぶれ、皮膚にはりつくことなし。ガーゼ・タオルは洗濯が大変・使い回しは不衛生。身体を休めたい新生児ママにぴったりです。

風で乾燥|夏はうちわ・冬はドライヤー

クッキングペーパーで大まかに水分が取れたら、仕上げに風を送ってさらに乾燥させましょう

■夏場はうちわでパタパタ

外出時にはミニサイズのものを鞄に入れておくといい。

■冬はドライヤー

弱風で、首をふりふりしながら。熱くなり過ぎないように。

 

おむつを履かせずに乾燥させてる間に、うんち&しっこしちゃったら大変では…?と思うかもしれません。

実際、よ~~くあります。乾燥中に、うんち&しっこで大洪水(笑)でも、まあそれは仕方がないと諦めるしかないかも。おしりがきれいになって、赤ちゃんがご機嫌になることでうまれるメリットの方がずっと大きいですものね。

オイルケアは、馬油できまり!

きれいに洗って、乾燥させたら、ちょっと油分を補ってあげましょう。少量をとんとんとやさしくなじませます。

  • 馬油
  • カレンデュラオイル
  • ごま油
  • オリーブオイル

などを使用するという声が多いようですね。

迷ったら、馬油がおすすめ。肌へのやさしさ、保湿力、共に高く安定の人気です。ママの美容にもよく、あちこちに使えて無駄にならない!(一般的な肌のケアはもちろん、血行を良くする作用を活かしたクマのケア、頭皮マッサージ、妊娠線、乳首のケアなど)

おむつはこの三択

あとは、おむつを履かせる!さて、どのメーカーのおむつを履かせましょう。基本は、今、買っているおむつでいいと思います。

ただ、かぶれケアという視点ならば、

  • パンパース はじめての肌へいちばん
  • メリーズ
  • ムーニーマン

口コミから考えると、この三択がおすすめです。

※<オムツの口コミはオムツの口コミまとめ|レビュー800件見て特徴を数字で把握したで紹介中>

いちばん口コミ評価が高いのは、パンパースのはじめての肌へいちばんですが、これは、結構値がはります。本当にひどい時期にこれを使って、治まってきたら、あとの2つのどちらかに変更するっていうのも手かも。

パンパースはじめての肌にいちばん

パンパースはじめての肌に一番が一番評判はいい

あ、パンパースにも2種類あります。パンパースのさらさらケアの品質は、上の3つのオムツに比べて落ちるという評価が大半。(かぶれていない時には問題なし。おしっこの吸収力にも定評ありです)買う時には、どちらなのかをよく確かめてくださいね。

まとめ

4つの手順への対策、頭に入ったでしょうか?復習すると…

  1. きれいにする: 温水おしり洗浄器
  2. 乾燥: クッキングペーパー+風
  3. オイルケア: 馬油
  4. おむつ: パンパースはじめての肌へいちばん

おむつかぶれが治ることで、赤ちゃんが笑顔の時間が増えたら、わが子のかわいさを味わう時間が増えてくる…。できることから、ぜひ対応してみてくださいね。

SNSでもご購読できます。